ソサエティ ザ ピューピル(Societe The Pupil)

670円(税込737円)

購入数

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

ホップ由来の苦みが利いたソサエティの最定番IPA

【飲んでみた感想】

香りは清酒ぽさと、松。飲むとコーンフレークのような軽やかな麦、割とジューシーで次いで松。味そのものはかなりドライでスッキリしつつ、苦みはほどほどに抑え優しい後味。7.5%を感じさせないほど軽やかで、いくらでも飲めそう。

アルコール:7.5%
IBU(苦さの基準):
untappd:4.01
種類:IPA
容量:355ml
生産地:アメリカ カリフォルニア州

【インポーターより】

Societe のOut WestシリーズのIPA。アウトウェスト・シリーズは、ホップが生み出すさまざまな香りと風味をショーケースし、ホップの可能性を探求するシリーズ。 グアバやマンゴーなど南国果実を連想させるアロマと味わい。スムーズなミディアムボディで心地よいドライな口当たり。ファンも多いこのマイルドな苦みのIPAは、創業当時からのラインアップでSocieteのフラッグシップともいえる。 ビール名のPupilとは生徒や学生の意味。Societeいわく、このIPAを飲むと学生時代を思い出し、懐かしい味わいを求めて地元のお店に行きたくなる。 2014年Great American Beer Festival、IPA部門 銅賞受賞

カテゴリーから探す