志賀高原ビール W-IBA MASAJI THE GREAT

570円(税込627円)

購入数
三段階で広がる味わい!冬に飲みたい至高の一本

【店主の実飲レビュー】

ほんとに完璧!爆発するフルーティな香り、カラメルやビターチョコを思わせるコクと旨み、最後にジーン!と響く苦み、どれをとっても素晴らしい出来です。味わいが三段階で変化していきますが、その移り変わりに全く無駄なもたつきがなく、本当に綺麗に繋がっていく様は圧巻です。約10%のどっしり感と後味の苦みでどんな料理にもしっかり合います。食中酒としてちびちび香りを楽しみながら飲んで欲しい「冬こそ美味いビール」の決定版ですね!

アルコール:10.0%
IBU(苦さの基準):81
種類:インペリアルIBA
容量:330ml
生産地:日本 長野県下高井郡山ノ内町

【ブルワリーより】

箕面ビールの先代大下社長を追悼して毎年仕込む大事なビール。早いもので、今度は7回忌です。

毎年書いてますが、コンセプトは

"箕面ビールといえば、スタウト、インペリアルスタウトの黒い二種、そしてW-IPAの印象が強烈。なら、両方いっぺんにつくっちゃえ、ってことでつくった黒いW-IPA。「格好よくて強面で、一見ちょっと近寄りがたい。でも、話してみると、その人柄にいっぺんに魅了されちゃう。」そんな先代大下社長のイメージそのままの男前なビール。"

毎年、気合を入れて仕込みます。今年は、なんと10.0%。IBUは 81ってところ。目をつぶって飲めば黒いビールだと思わないくらいにローストは控えめ。その分、ホップの香りは強烈です。度数は高いんだけど、ホップの苦味もあって、飲み口はあくまでもドライ。マーマレードとかを連想するような柑橘感にトロピカルな香りが加わった印象。「黒さは」、コクとして背景にある感じかな。

度数は高いけど、パイントサイズとかでも飲めちゃうと思います。もちろん、スピード注意ですよ。軽めの赤ワイン的なシーンから、お食事と一緒に楽しんでいただけると思います。あの社長のような、優しくも男前なビールに仕上がったと思います。

アルコール度数 : 10.0%
ビアスタイル:インペリアル IBA