【必ず合計「6本」以上になるようご注文下さい】インクホーン フライキャッチャー#2(Inkhorn Brewing Flycatcher #2)

990円(税込1,089円)

購入数

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

シムコークライオやモザイク、シトラインコグニートなどをフル活用し青々しく華やかに、キレ苦く仕上げたウェストコーストIPA

※※注意※※
本ビールを含み、合計6本以上になるようご注文下さい(5本以下の数量でのご注文は申し訳ありませんがキャンセルとなります)
キャンセル時にメールやお電話でのご連絡は致しませんのでご注意ください。
倉庫受け取りでのお取り置き分への追加、過去オーダーとの同梱の方は全てのオーダー合計で6本以上になればOKです。
極めて醸造量が少ないためおひとり様一本までとさせて頂きます。


アルコール:7.0%
IBU(苦さの基準):
種類:ウェストコーストIPA
容量:355ml
生産地:東京都 豊島区目白

【ブルワリーより】

ブルワーHayatoがレシピを書いたビール、Flycatcherの2バッチ目。
ホップは西海岸系のIPAでは定番の組み合わせであるMosaic, Simcoe, Citra。
ライチ、ピンクグレープフルーツ、パイニーといったアロマとフレーバーを感じると同時に、
柑橘系のアルベド(白い筋の部分)のような青いフレーバーとシャープな苦味も。
Citraの主張は控えめで、Inkhornではメインに使わないSimcoeのキャラクターがハッキリ出ているので、Inkhornっぽさを感じつつも新たな風も感じられるようなバランスの仕上がりを楽しんでいただきたいです。

前回からアップデートした部分は、フレーバーの複雑さとビタネス(苦味)。ホップの構成は大きく変わっていませんが、ホットサイドでのホッピングと水質、酸を微調整することで、フレーバーのレイヤーを何層にも重なり複雑な味を出すことを目指しました。
ビール名の由来は三光鳥。

鳴き方に3つの光(月、日、星)が入ることからこの名前がつけられたとか。
今回使用したのはIPAでは定番とされる3種類のホップ。
聞き慣れたホップですが、少しのバランスの変化で出てほしいキャラクターが出たり、落ち着いてしまったり。

前回バッチを覚えてる人は比較して飲んでもらえたら嬉しいです。

カテゴリーから探す